妊活の時間〜妊活初心者向けの情報サイト〜

子どもが欲しいと思ったら読んで欲しい記事!妊活初心者に向けて!

 

赤ちゃん

 

結婚して生活も落ち着いてきた頃に子供がいる生活を想像したりしませんか?

 

でも、いざ子供が欲しいとなっても、何からすればいいのやら。

 

 

最近は「妊活」という言葉が定着しているので想像しやすいかもしれません。

 

ここでは妊活について是非やって欲しいことを紹介します。

 

自分の体を知る

 

妊活をする時に一番大事なのは赤ちゃんを迎える夫婦の体の状態です。

 

妊娠力が無ければ妊娠することが出来ません。

 

 

生活習慣や食生活、ストレスなどによって卵子や精子の状態は良くも悪くもなります。

 

二人でバランスの良い食事と規則正しい生活を送り、ホルモン分泌を正常にし妊娠しやすい体を作る必要があります。

 

また、女性は冷え症が多いので温めることも大事です。

 

 

冷えた子宮や卵巣は健康な卵を排出することが出来ません。

 

そして、運動不足や喫煙、アルコール摂取なども赤ちゃんを迎えるにあたり悪影響を及ぼします。

 

 

近年ではブライダルチェックをするカップルも居るほどで、産婦人科に夫婦で行って検査をすることが当たり前になりつつあります。

 

もし不安がある場合は一度行ってみても良いかもしれません。

 

 

基礎体温をつける

 

女性はホルモン分泌により体温が変化します。

 

朝目覚めたときに測る基礎体温によってホルモン分泌の目安が分かるようになります。

 

婦人体温計を使って正確な測り方で最低3ヶ月は測ってみましょう。

 

 

低温期と高温期が2層に分かれており、その差が0.3〜0.5度有ると良いと言われています。

 

基礎体温を測るのはホルモン分泌の確認だけではありません。

 

 

低温期の最終日付近で排卵することが分かっているので、この排卵期を狙えば受精しやすくなるのです。

 

これをタイミング法と言い、この方法で2年間妊娠しなかった場合に不妊と診断されます。

 

 

妊活といっても、小さなことから大きなことまで色々あります。

 

まず何からすればいいかと迷ったら身近なことから取り組んで改善させていくことをおすすめします。

 

とはいえ、夫婦の仲が良いのが一番の妊活なので二人で話し合って協力することが大切です。